GINZA ORTHODONTIC OFFICE 銀座矯正歯科 スピード・デジタル矯正歯科サイト GINZA ORTHODONTIC OFFICE

料金表|銀座の矯正歯科専門医院なら 銀座矯正歯科 矯正のスピードデジタル治療

  • GINZA ORTHODONTIC OFFICE 銀座矯正歯科 矯正のスピードデジタル治療

  • MENU

03-3567-5454

PRICE 料金表
料金表 画像 料金表 画像

料金表

矯正治療は一般的に自費治療となり、患者さま一人ひとりの症例や希望するゴールや治療法によって治療料金が異なります。

カウンセリング・診査

当院では患者様の悩みや本音をよりよく理解し、ドクターの思い込みだけで治療法を決定してしまわないようにするためにトリートメントコーディネーター(専属カウンセラー制)を導入しております。
幅広い治療法の中から患者様のご要望に適った治療法をご提案させていただきますのでご安心くださいませ。

初回相談 無料 カウンセリング風景はこちら >
適格な治療のための診査 ¥30,000(税別)  
セカンドオピニオン ¥30,000(税別)  

治療別料金

シンプル矯正プラン ¥375,000~(税別)
より多くの患者さまに矯正をしていただくためにご用意しているプランです。詳細はお気軽にお問い合わせください。
表側矯正装置 ¥375,000~(税別)
(目立たない透明ブラケットもございます)
見えない(裏側)矯正装置 ¥600,000~(税別)
透明シート矯正(全顎) ¥750,000~(税別)
透明シート矯正(部分) ¥400,000~(税別)

※スピード矯正研究会の矯正のスピード治療の料金は症状により異なりますので、来院時にお尋ねください。

マウスピース型矯正装置
(インビザラインi7)
¥300,000(税別)
部分矯正
マウスピース型矯正装置
(インビザラインlite)
¥450,000(税別)
軽度の症例
マウスピース型矯正装置
(インビザラインFULL)
¥700,000~850,000(税別)

※症状により補助装置や抜歯が必要な場合には、別途処置料がかかります。
※マウスピース型矯正装置(インビザライン)完成物は医療機器法対象外であり、医薬品副作用被害救済制度の対象外の場合があります。

suresmileデジタルプラン

表側装置 ¥800,000~¥900,000(税別)

混合装置

¥1,000,000~¥1,100,000(税別)

裏側装置

¥1,200,000~¥1,300,000(税別)

ご希望にあわせた治療プラン

  • スタンダードプラン
    最もベーシックな基本プランです。
    ダイレクトスプリント、口腔内のクリーニング(治療来院時毎回)、透明シート、ホームホワイトニングを、サービスでお付けします。
  • コルチコトミー併用矯正プラン
    歯を早く動かし、歯根吸収・歯肉退縮・後戻りの軽減に効果のあるコルチコトミーの手術を希望される患者さまへのプランです。
  • スピード矯正研究会の矯正のスピード治療プラン
    患者さまのご希望に応じて、治療期間を可能な限り最短化するプランです。
  • ブライダルプラン
    さまざまな角度からアプローチをして、ご結婚式までにいかにキレイになれるかを患者さまと一緒に検討するプランです。

※実際の料金は患者さま一人ひとりの症例や希望するゴールや治療法によって異なります。
正確な料金は診査を行なってからプランごとに提示させていただきますので、まずはお気軽にご相談ください。

後戻りについて

画像画像矯正装置をつけて歯並びをきれいに整えても、そのままにしておくと、歯は元の位置に戻ろうとして徐々に動いてしまいます。これを「後戻り」といいます。

動かした骨を安定させ、後戻りを防ぐために必要なのが、「リテーナー」という保定装置です。矯正装置を外した後にこのリテーナーをつけます。

人によって異なりますが、短い方で1年ほど、長い方で3年ほどつけることになります。最初の1年半ほどは24時間つける必要がありますが、安定してきたら1日数時間だけ、または就寝時だけなど、つける時間や頻度を変え、徐々にリテーナーを外せるよう調整していきます。

医療費控除について

医療費控除とは

医療費控除とは、自分や家族のためにその年の1月1日から12月31日までの間に10万円以上の医療費を支払った場合、所得控除を受けられる制度です。
つまり、確定申告すると、治療費の一部が戻ってくるということです。

ただし、一般的な水準を著しく超えると判断される特殊なものは、医療費控除の対象になりません。申告する期間は毎年2月16日から3月15日の1ヵ月間ですが、その年の申告期間を過ぎてしまっても、5年前までさかのぼって申告できるので、次回申告することが可能です。

申告するときには、医療機関から受け取った領収書や、通院に際して発生した経費の領収書などが必要になるので、なくさないよう大切に保管しておきましょう。

歯科治療の医療費控除について

歯科治療には、健康保険の適用されない自由診療があるので、治療費の全額が自己負担になることがあります。しかし、自由診療でも医療費控除の対象になる場合があります。

「一般的な水準を著しく超えると判断される特殊な治療」や「容貌を美化するための治療」は控除の対象外となりますが、不正咬合を改善するための矯正治療、セラミックや金など一般に使われる材料での治療は、自由診療であっても医療費控除の対象となります。これを念頭に置き、歯科治療を受けたときには確定申告のときに忘れずに申告してください。

場合によっては控除額が大きくなるので、医療費控除の制度を活用してはいかがでしょうか。

「1年間に支払った医療費」に含まれるもの

  • 歯科治療にかかった費用(検査・診断・処置・調整などにかかった費用)
  • 医師・歯科医師から処方された、治療に必要な医薬品の費用(予防や健康増進のためのものは対象外)
  • 通院のための交通費(バスや電車など公共交通機関にかかった費用。マイカーでのガソリン代や駐車場代は対象外)

金額を証明する領収書などが必要なので、すべて大切に保管しておきましょう。

確定申告の方法

確定申告の相談や申告書の受付は、基本的に毎年2月16日から3月15日の1ヵ月間です。詳しい日程は国税庁のホームページをご確認のうえ、期間内に申告しましょう。

申告の提出方法

  • 申告時の住所地を管轄する税務署に郵送または持参する
  • e-tax(電子申告)で申告する

また、医療費控除は、その年の申告期間を過ぎてしまっても、5年前までさかのぼって申告できるので次回の確定申告で対応できます。

控除金額の目安

医療費控除は、1年間に支払った医療費(10万円以上)から医療保険などの保険金と10万円(※)を差し引いた金額となります。
この金額から、申告者が支払っている税金(所得税)の税率をかけた金額が還付されます。還付金は、申告してから数ヵ月で指定口座に振り込まれます。

医療費控除の計算式

医療費控除額(最高200万円)

=実際に支払った医療費の合計
- 保険金などで補填される金額
- 10万円(※)

※総所得の金額が200万円未満は総所得金額の5%

還付金の目安

還付される所得税の目安

= 医療費控除額 × 所得税率