GINZA ORTHODONTIC OFFICE 銀座矯正歯科 スピード・デジタル矯正歯科サイト GINZA ORTHODONTIC OFFICE

ホワイトニング|銀座の矯正歯科専門医院なら 銀座矯正歯科 矯正のスピードデジタル治療

  • GINZA ORTHODONTIC OFFICE 銀座矯正歯科 矯正のスピードデジタル治療

  • MENU

03-3567-5454

WHITENING ホワイトニング
ホワイトニング 画像 ホワイトニング 画像

ホワイトニングとは

画像画像誰しも笑顔は素敵に見えるものですが、歯が白く輝いていると、口元の美しさや清潔感が強調され、笑顔がさらに魅力的に見えます。美しい口元は周りの人に好印象を与えるだけでなく、自信や積極性にもつながります。

その歯の白さをいつまでも維持できればいいのですが、着色や黄ばみなどにより、残念ながら白さは徐々に失われていきます。その原因のひとつに、食生活があげられます。習慣的にお茶・コーヒー・ワインを飲んだり、カレーやソースなど色の濃いものを食べることで歯に色がつき、目立つようになるからです。喫煙される方は、ヤニもついてしまいます。

ほかの原因には、加齢があげられます。歯の表面は半透明なエナメル質で覆われており、その下に黄味がかった象牙質がありますが、エナメル質は半透明なので、象牙質の色が透けて黄味がかったように見えます。エナメル質は徐々にすり減って薄くなるうえ、象牙質が厚みを増していくので、年齢を重ねるにつれて黄ばんで見えるのです。

これらの着色や黄ばみは、毎日の歯磨きで落とせるものではありません。そのため、着色や黄ばみがコンプレックスとなり、「人と話すのが苦痛」「思いきり笑えない」とコミュニケーションにストレスを抱えていらっしゃる方も多いかと思われます。そのような方におすすめしたいのが、薬剤を使って歯を白くする施術『ホワイトニング』です。

ホワイトニングは、薬剤に熱を加えると酸素が発生し、それがエナメル質の色素を無色透明に分解する、という仕組みを利用した施術です。
ただし、エナメル質の色素を無色透明にしても象牙質の色が透けるので、歯は白く見えるわけではありません。また、象牙質自体を白くするわけでもありません。 薬剤に含まれる過酸化水素水が曇りガラスのような役割を果たし、内側の色を見えにくくするマスキングという効果がエナメル質に働くことにより、歯が白く見えるのです。

ホワイトニングには主に、歯科医院で行なう「オフィスホワイトニング」と、ご自分で行なう「ホームホワイトニング」があります。ご自分のライフスタイルに合った方法をお選びいただけるので、お気軽にご相談ください。ホワイトニングで、白く輝く歯と、より魅力的な笑顔を手に入れましょう。

オフィスホワイトニングとは

画像画像「オフィスホワイトニング」は、歯科医院で歯を白くする施術です。
30~35%程度の過酸化水素水を含む高濃度の薬剤を歯の表面に塗り、ホワイトニング専用の照射器を使って光を当てます。
元の歯の色などによっては、ご希望の白さになるまで数回の通院が必要になることもありますが、一般的には短時間で効果が現れ、1回の施術である程度白さを実感することができます。
そのため、「忙しくて時間が取れない」「週末にパーティーがあるからすぐに歯を白くしたい」という方におすすめです。

    そのほかにも、

  • 歯科医師や歯科衛生士にチェックしてもらいながら安全に施術を進められる
  • 歯をきちんとクリーニングした状態で行なえる
  • 白さの度合いをコントロールできる

  • などのメリットがありますが、効果が長持ちせず、色の後戻りが早いというデメリットがあります。

ホームホワイトニングとは

画像画像「ホームホワイトニング」は、ご自宅にて患者さまご自身で歯を白くする施術です。
まずは歯科医院で歯型をとり、マウスピースをつくります。それと3%程度の過酸化水素水を含む低濃度の薬剤を持ち帰り、マウスピースに薬剤を塗って就寝時に装着します。それを数週間続け、徐々に自然な白さにしていきます。
白さを実感できるまで短くても2週間ほどかかりますが、薬剤がきちんと浸透していくので、効果が長持ちします。
そのため、「通院せず白くしたい」「白さを持続させたい」という方におすすめです。そのほかにも、薬剤の濃度が低く刺激が少ないというメリットがありますが、薬剤の塗布など自分での管理に手間がかかるというデメリットがあります。